保有施設・設備

横浜物流センター

規模・荷役設備を含めて、輸送、梱包、船積機能を主体とした物流センターとしては世界でも類を見ない施設であり、大型や超精密製品の取扱いに最適です。保税蔵置場の許可を取得している上、専用岸壁を使用して、通関許可後の貨物を艀へ直接積み込むことができ、プラントなどの大量貨物にあっては大変合理的な輸送が可能です。また、木箱はもちろんのこと、当社オリジナルスチールケースや木材とスチールそれぞれの長所を生かしたハイブリッドケースなどによる梱包での効率的な国際物流のためのあらゆる複合機能を備えた、当社の主力となる拠点です。
敷地面積:17,775m²
延床面積:11,350m²

クレーン
A棟
60+30トン(2クラブ式)1基
30/10トン2基
2.8トン2基
B棟
130/30トン1基
30/10トン1基
10トン1基
C棟
15/5トン1基
2.8トン4基
D棟
10トン1基
2.8トン3基
E棟
20+10トン(2クラブ式)1基
フォークリフト
35トン1台
25トン1台
18トン1台
10トン1台
7.5トン1台
5トン1台
3.5トン2台
2.5トン1台


TOPへ

横浜第2物流センター

主にコンテナ貨物(FCL貨物)の取扱い及び保税蔵置場として稼動しています。重量物・長尺物等、慎重な荷扱いが要求される貨物に対しても迅速かつ安全なコンテナ作業が遂行できるよう整備されています。グリーンセンターと同じく専用岸壁を使用して艀へのダイレクト荷役が可能です。グリーンセンターとともに、当社事業の主要拠点として位置づけられています。
敷地面積:6,457m²
延床面積:3,768m²

クレーン
30/10トン1基
15/5トン1基
1トン3基
フォークリフト
7.5トン1台
3.5トン1台
3トン1台
バンローダー
10トン1台
20トン1台

TOPへ

沼津物流センター

2007年4月に沼津市双葉町(沼津双葉テクノパーク)に開設された新しい物流センターです。
関東・東海・中京・関西地区の主要港を結ぶ拠点として重要な役割を果たしています。
最新鋭の設備・技術によって梱包から輸送に至るまで、合理的できめ細かい作業を施しています。
当物流センターには温度・湿度を一定に保ったまま梱包ができる専用のブースを完備していますので、デリケートな精密機器の梱包も安心してお任せいただけます。
また、ISO14001、ISO9001を取得し環境への取組にも力を入れています。
敷地面積:5,788m²
延床面積:3,499m²

クレーン
A棟
60/30トン1基
20トン1基
2.8トン1基
B棟
10トン2基
C棟
2.8トン1基
フォークリフト
10トン1台
7トン1台
3トン2台
1.5トン1台

TOPへ